住まい購入は無理のない資金計画で

理想の住まい購入は資金計画をしてから

何事もいくらお金を用意できるかの資金計画が明確化できなければ、理想の住まいの計画を立てるにも、前には進みません。太陽光発電やオール電化、間取りの便利さや通風や採光の快適さを頭の中で想像していても、それらのどこまでが叶うかは資金がどれくらいじゅんびできるかによるものですから、ニーズを叶えるために、より多くの資金を調達しなければならないかもしれません。自分の年収などからどれくらいの金額のローンなら通るのであるかも知る必要があります。今ではフラット35やフラット50などの長期でしかも金利が低く、望めばその間中、固定金利を設定することもできるという驚きの商品です。昔と比較して、より審査が通りやすくなっており、借りることのできる金額も年収の割には大きくても大丈夫なようです。資金の目途さえ立っていれば、どこにどのようなグレードの設備を設置するかも具体的に進めることができます。色んな金融機関に申し込み前に相談をしてみましょう。相談前に魅力的なローン商品を知っておくことも大事ですが、借りやすいところが、まず大切です。

先に夢の我が家の想像ばかりをふくらましていて、あれもこれもムリがあるので考え直しとなると気持ちも萎えてしまいます。貯金やローンを合わせて、準備できる金額がどれくらいであるかを明確にしておけば、ニーズに優先順位をつけて建築士と話をしながら、間取りプランから始めることができ、楽しみがふくらみます。

関連サイト情報