住まい購入は無理のない資金計画で

住まいを購入するための資金計画

マイホームを持つという事は、憧れですよね。もしも住まいを購入するのならば資金計画をしっかりと立てることが大切です。マイホームを購入する際には、いくら位の住宅を購入するのか、そのためにはどのくらいの頭金や借入金が必要なのかなどです。いくらなら返すことができるかを念頭に置いて借り入れを行いましょう。

頭金は購入価格の2割を前提にして考えましょう。住宅ローンの借入金限度額が建築費の80パーセントまでと言うことが一般的に多いからです。住宅購入にあたっては色々な費用がかかります。例えば税金や手数料などの諸費用がかかりますし、引っ越し代やカーテン照明器具エアコンの購入費なども必要です。だいたい諸費用としては、新築の場合は購入価格の3パーセントから5パーセント程度、中古住宅では6パーセントから8パーセント程度と言われています。なので頭金としては住宅購入費用の約25パーセントを用意しておくと良いでしょう。

住宅ローンの返済には大体年収の20パーセント程度をあてると良いでしょう。ライフサイクルを念頭に考えてみてください。結婚やお子様の誕生、定年退職など人生は年齢とともに変化しますよね。なお念頭に置いて、しっかりとした返済計画を立てる事はゆとりがあるマイホームでの生活につながっていくことでしょう。マイホームやマンション、自分の家を持つという事は憧れですよね。しかししっかりとした計画を立てないと大変なことになってしまうかもしれません。