住まい購入は無理のない資金計画で

資金計画をきちんとして住まいを考える

住宅を購入する場合も賃貸する場合にも必ずお金がつきまといます。そんな資金計画をきちんとしていないと入居後に大変な思いをしないといけません。住まいを購入する場合の資金計画はなんといっても購入する物件価格の約1割を諸費用として計算しておかないといけないと思います。したがって理想としては購入物件価格の2割程度の現金があれば無理のない返済ができるのではないかと思います。物件を購入する際にこの諸費用が思いのほかかかるので購入をあきらめる人も多いと思います。しかし今の住宅ローンはその諸費用もローンに組み込むことができる銀行なんかもあります。実際ローンに組み込む人が多いようです。しかし、ローンなので利息をつけて返済しないといけませんので、やっぱり手持ち金で用意した方がいいと思います。次に賃貸の場合ですが。こちらの資金計画では入居する際の手数料や大家さんに支払う敷金や礼金などです。家賃の〇ヶ月などと表記されたりしています。多いところは半年分などと一時的にも高額になるケースもあるようです。住宅購入の際や賃貸住宅の場合でも予めお金がどのくらい必要なのかをしっかり確認することが必要ということが分かります。資金計画を誤った計画にしてしまうと新居に移ったあと生活費の工面などが大変です。

そこで新居を決める際はかかる費用がどのくらいになるかを一覧表にしておく必要があります。もし、予算がオーバーするなら、物件を変えたり、新居に移る時期をずらすなどの対策も必要になると思います。なので新居に移ろうと思うよりも早めにどのくらいかかるのかを事前に確認しておく必要があると思います。

関連サイト情報