住まい購入は無理のない資金計画で

住まい購入は無理のない資金計画で

住まい購入は無理のない資金計画で

始めて自分の住まい探しをするとき見学する建物全てが良く見えて自分の収入を考えないで予算オーバーしがちです。金融機関で借りられる金額よりも自分が返済可能な金額で資金計画を立てて安全に無理しない範囲で借りると良いと思います。長い返済期間の予想外の出来事がないとも限りませんから多少余裕を見て自分の収入に見合う範囲で探しています。ギリギリで借りられるだけ借りてしまい返済が滞っても困りますから手持ち資金も全部頭金に出す事は避けたいと思います。気持ちの余裕が無いとながい返済期間を過ごす為にも手元に資金が有ると無いとでは心理面で大きく変わります。

希望の住まいが完全に自分名義になるまで健康で働ける事が大事ですから資金計画をしっかり立てて望みたいと考えて専門家のアドバイスを受け経験者の話が聞ければ安心出来ると思います。大きな買い物ですから知らない事ばかりですので聞く事が出来たアドバイスに心強い思いでした。必要経費も予想金額よりかなり大きいですし始めてのマイホームなら住まいの他に新しい家具も欲しくなります。今まで持っていても住まいに見合う物が欲しくて揃える事も有りますから慎重に資金計画を立てて欲しいです。私が始めて購入した家は住んでみて気づいたのですがベランダに屋根がなくて共働きで家を不在にする為にお洗濯物が濡れてしまいましたので狭いですがサンルームを作ってもらいました。予想外の出費でしたが自己資金を全部使用しないで残して置いて良かったと思いました。やはり住んで見ないと気づかない事が出て来る事が有りますから資金計画の大切さを身にしみて感じました。

賃貸のマンションで使用していた冷蔵庫と洗濯機がまだ使用出来ても新しい住まいに似つかわしくなくて無理をして新しく買い換えてしまいました。欲しい物が後から出て来ますから返済が無事に済むまで倹約していますが新しい家電と住まいの中で家族が健康で過ごせる喜びを感じています。

関連サイト情報